【台風19号】人工気象操作が現実化している“確実な証拠”5つ! 台風・地震・豪雨・津波…大学教授ら暴露まとめ!

SNS

 

【台風19号】人工気象操作が現実化している確実な証拠5つ! 台風・地震・豪雨・津波…大学教授ら暴露まとめ!の画像1
画像は「Thinkstock」より引用

 12日(土)~13日(日)にかけて、台風19号が非常に強い勢力を保ったまま日本列島に上陸する見通しだ。それに伴い首都圏ではJRが計画運休を発表するなど、交通機関への影響も甚大だ。今年9月の台風15号では千葉県で断水、停電、屋損壊など大きな被害が出たが、今回の台風19号もそれに劣らない暴風になる恐れがある。

 15号に続き、相次ぐ巨大台風。集中豪雨、酷暑による熱帯夜の連続…これを異常気象の一言で片づけていいのだろうか? トカナでは大手メディアが絶対に報道しない「オルタナティブな可能性」を敢えてご紹介したい。たしかに、今回の台風との関連性は“可能性”の域を出ないかもしれないが、数々の著名人が人工的な自然操作について語っているのは紛れもない事実なのである。

 今回は気象コントロールの事実を集めた過去記事を紹介する。

 

1、米軍はベトナム戦争時代から気象兵器を研究していた

 米・ニューヨーク市立大学教授で、著名なフューチャリストのミチオ・カク博士によると、米軍はベトナム戦争の頃より気象兵器、特に人工降雨技術を研究・実践してきたという。(詳しくはコチラ

 そして、恐ろしいことに2013年の時点で、カク博士は、ハリケーン」や「洪水」を人工的に引き起こすことも可能だと語っているのだ。(詳しくはコチラ

 また少なくとも、かつて米国はハリケーンの制御技術を研究していたことが知られている。米政府は1962年〜1983年に、ハリケーンの目にヨウ化銀を散布することで勢力の減退を狙う「ストームフュリー計画」を実際に実施していたのだ。(詳しくはコチラ

タイトルとURLをコピーしました