【衝撃】「あおり運転犯」報道の裏で〇〇も起こしていた!!その内容に背筋が凍る…

生活

先日の報道で取り上げられていたあおり運転犯・宮崎容疑者だが、実はこの事件の前にも問題を起こしていたようです。

その内容がこちら

「一緒にコンビニに入った際、領収書の書き方で店員とトラブルになり、彼は怒って喚き散らし始めた。すでに店長に警察を呼ばれているのに、私に『110番しろ!』と。パトカーが到着して別々に話を聞かれることになったのですが、そこで彼は『由美子! 手を繋げっ!』と叫んだんです」

そう語るのは、常磐道でのあおり運転と暴行で逮捕された宮崎文夫容疑者(43)と恐怖の4日間を過ごした、岐阜市在住の由美子さん(40代・仮名)である。



 宮崎は8月18日、大阪で確保された際、そばにいた交際相手の喜本奈津子容疑者(51)に「喜本、手繋いで。喜本さん!」と叫んだ。その様子をテレビで見た由美子さんは、昨年9月に味わった悪夢が甦ったという。

由美子さんが、宮崎と過ごした4日間を告白する。

タイトルとURLをコピーしました