LCC(格安航空会社)の基本について徹底解説します。【主要会社の比較も】

旅行

数年前まではまだ馴染みのなかったLCC(格安航空会社)も近年では安く海外へ渡航するために欠かせない存在となってきました。

今回はLCCの基本と主要となっているLCC会社をご紹介していきます。

これからLCCでの航空券の購入を考えている人へのご参考になりましたら幸いです。

LCCとは?

LCCとはロー・コスト・キャリアの略のことです。

ちなみに、JALやANAなどの航空会社はフル・サービス・キャリアと言われ、FSCと略します。

LCCが安い理由

LCCは格安航空会社と呼ばれることが多く、その安さに驚く人もいるかもしれません。

安いから安全性に欠けるのでは?

と心配されることもありますが、パイロットや設備システムに関しては大手の航空会社と同レベルなので、心配はいりません。

では、どうして安く提供できるのか。

その秘訣は「座席数」と「サービス」にあります。

たとえば、LCCでは座席が狭く設計されていることが多く、快適さよりもいかに乗客を乗せるのかに力を注いでいます。

さらに、LCCでは機内のサービスはほとんど有料となっており、航空券には機内食や飲み物サービスは基本ついていません。

もちろん、時期によって航空券の価格も変わりますが、基本的にLCCの航空券は安く購入できる場合が多いです。

ちなみに、私は台北往復券を9900円で購入できたことがあります。

最初は「ほんとに本当にこの航空券で台北にいけるの?」と心配でしたが、普通に台湾へ渡航して帰国したので、何も問題ありませんでした。

LCC各社徹底比較

それでは、国内外で知名度の高いLCC会社を比較してみたいと思います。

LCCに興味はあるけど、どの会社を利用したらよいのか分からない」という人のご参考になりましたら幸いです。

ジェットスター(ジェットスター・ジャパン)

ジェットスターは時間厳守することで知られており、遅れたお客さんを待つようなことはしません。

なので、搭乗時間ギリギリにかけると乗れなくなる可能性もあるので注意が必要です。

ジェットスターは国内で規模がもっとも大きいと言われている格安航空会社の1つです。

国内から海外の便の多さはどの航空会社にも衰えを示しません。

海外路線例

成田~台北、香港

関西~台北、香港

ピーチ

ピーチは国内初のLCCとして注目を浴びており、関西国際空港を拠点としています。

運賃は「ハッピーピーチ」と「ハッピーピーチプラス」の2種類があり、

出発日の変更の可能性がほとんどない場合は、「ハッピーピーチ」、

出発日の変更の可能性がある場合は、「ハッピーピーチプラス」

での予約をお勧めします。

その理由は、ハッピーピーチプラスは何度でも無料で予約の変更が可能であるのに対して、

ハッピーピーチは1度の変更手数料が¥3,240かかり、比較的高額のためです。

海外路線例

関西~ソウル、上海

羽田~ソウル、上海

バニラエア

バニラエアは大人数で旅行する際に「みんなで割」が適用されるので、4名以上の人数で旅行に行く場合に利用するのがおすすめです。

4人以上の場合であれば、全体の料金の10%割引されるので、お得に航空券を買うことが可能です。

海外路線例

成田~香港、ソウル

春秋航空(春秋航空日本)

春秋航空は中国初の民間LCC航空会社です。

春秋航空日本は、春秋航空が出資する日本の格安航空会社です。

名前は似ていますが、会社は別となります。

春秋航空は何度か利用したことがありますが、LCCの中でもサービスがいいという印象でした。

もはや、外国のフルサービスキャリアよりサービスがよかったという記憶さえあります。

海外路線例

成田~武漢

関西~武漢

香港エクスプレス

香港エクスプレス会社はキャセイパシフィック航空の子会社で、2004年に設立されています。

本来はフルサービスの航空会社として設立されていたが2013年に格安航空として転換されたようです。

香港へ安くいきたい人はぜひ検討してみてください。

海外路線例

成田~香港

関西~香港

エアアジア

エアアジアはアジア最大のLCCと言われています。

マレーシアに本社を置いています。

エアアジアのイメージカラーは赤で、機内やCAの制服が鮮やかな赤で印象的です。

東南アジアへの旅行を検討の際はぜひチェックしてみてください。

海外路線例

成田~バンコク

関西~バンコク

タイガーエア台湾

タイガーエア台湾は2014年から運行している、台湾の航空会社です。

台湾へ運行しているLCCがたくさんあるので、ついつい見逃してしまうかもしれませんが、キャンペーンもよく行っている台湾の格安航空会社なので、ぜひチェックしてみてください。

海外路線例

成田~台北、シンガポール

関西~台北、シンガポール

LCC利用の注意点

安く購入できて、さらに安全性も信頼できるLCC格安会社。

かといって、デメリットがないわけではありません。

続いて、LCCを利用する際に注意してほしいことをお伝えします。

機内持込手荷物制限が厳しい

LCCは基本、預かり荷物が有料になることが多いので、荷物はできるだけ機内に持ち込むことを考えている人が多いかと思います。

しかし、手荷物制限が厳しいので気を付けることが必要です。

特に液体の制限は厳しいので、小分けにしてもっていくことをお勧めします。

不安であれば、事前に航空会社に問い合わせてみるのもいいかもしれません。

ちなみに、私がピーチを利用して台北に行ったとき、チューブタイプの洗顔とボトルの化粧水を没収されたことがあるので、少し悲しかったです。

乗り遅れ・遅延・欠航はすべて自己責任になってしまうこと

LCCでは遅延や欠航がフルサービスキャリアより頻度が高い傾向があります。

そのため、時間通りに飛行機が飛ばないと困るという場合はLCCでの利用はあまりお勧めしません。

あくまでも旅行などで時間に余裕のあるとき、そして最悪飛行機に乗れなくても大事に至らないときに利用することをお勧めします。

さいごに

海外旅行ではやはり航空券と宿泊代金が旅費の大部分を占めるときが多いです。

逆に、航空券さえ安く購入できれば旅行の費用を大幅に抑えることも可能です。

ぜひうまくLCCを活用して海外旅行を楽しんでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました