女子ひとり旅で海外!タビジョにおすすめの旅行先4選をご紹介!!

旅行

普段の刺激のない生活に物足りなさを感じていませんか?

今の環境を変えたいけどどうしたらいいのか分からないと悩んでいませんか?

何か刺激なことをして成長したいと思っていませんか?

そういう場合におすすめなのが、「ひとり海外旅行」です。

実は近年では一人で海外旅行にいく女子、略してタビジョが増えてきています。

しかし、ひとりで海外旅行へ行きたくても旅行先をどこにすればいいのか悩む人もいるのではないでしょうか。

本記事では海外ひとり旅をデビューしたい女子に向けて、おすすめの国を紹介していきますので、今ひとり旅に行くかどうかで悩んでいる人はぜひ参考にしてくれると幸いです。

寺院巡りを楽しみたいならタイ

微笑みの国、タイ。

タイのバンコクは寺院巡りが人気です。

寝転ぶ巨大大仏がある「ワットー・ポー」や存在感が大きい「ワット・アルン」は一度見るとそのインパクトの大きさに釘付けとなるでしょう。

「ワット・アルン」の画像検索結果

(写真:ワット・アルン)

タイの主要寺院はほとんどがチャオプラヤ川沿いにあり、水上バスで簡単にめぐることが可能です。

また、せっかくバンコクに行くなら、露店でのお買い物や象乗り体験もおすすめです。

タイの物価については、日本の3分の1ほどと言われる安さなので、女子には嬉しいマッサージを体験することをおすすめです。

ぜひタイ式マッサージを試してみましょう。

関連記事>>>行き先に迷っている人へ!!タイ旅行のおすすめスポット6選をご紹介!!

タイの言葉事情

タイの言語は基本タイ語です。

しかし、ほとんどの人が英語を話せられるので、ホテルや観光地では英語でコミュニケーションが可能です。

ただ、あくまでも第二言語として英語を話せるタイ人が多いので、英語を話せられるレベルに個人差があることだけ覚えておきましょう。

リッチな旅をしたいなら香港

香港は100万ドルの夜景とも言われている、「シンフォニー・オブ・ライツ」という光と音のショー、香港ディズニーランドなどの観光スポットがたくさんあります。

「シンフォニー・オブ・ライツ」の画像検索結果

(写真:シンフォニー・オブ・ライツ)

現在はLCCでの香港の直行便も多いので、思い立った時に行きやすい観光地といえるでしょう。

また、少しリッチなホテルに泊まってリラックスするのもいいでしょう。

関連記事>>>【定番から穴場まで】香港のおすすめ観光スポット11選をご紹介!!

香港の言葉事情

香港は中国の一部ではあるが、かつてはイギリスの領土だったために今でも外国の文化が根づいています。

なので、香港では西洋人が沢山住んでいるのも特徴あり、多くの人は問題なく英語が話すことができます。

そのため、中国語ができなくても困ることはありません。

ちなみに、香港では広東語という中国語を話しているので、中国語の標準語とは大きく違う言語を使用しています。

グルメを楽しみたいなら台湾

台湾はグルメが充実しているだけでなく、千と千尋の神隠しの映画の舞台になったことで有名な街である「九份」もあります。

「九份」の画像検索結果

(写真:九份)

日本から飛行機で3~4時間と、気楽に行く事が可能で、ふと一人旅に行きたくなったときの国の候補としては非常におすすめです。

台湾は親日が多いので、たとえ道が分からなくて困ったことがあっても親切に教えてくれる可能性が高いので心細い一人旅ではとても安心です。

また、地下鉄も乗りやすいので行きたい観光地のアクセスも非常にスムーズにできるでしょう。

ただ、台北駅がとても広いので、くれぐれも荷物を預けたロッカーの場所が分からなくならないようにだけ気をつけましょう。

関連記事>>>台湾旅行でおすすめスポット6選!知っておいて損がない豆知識を解説!!

台湾の言葉事情

台湾では基本、台湾語と中国語を話します。

中国語が話せればコミュニケーションが問題なく可能だが、メジャーな観光地では簡単な英語や日本語でも通じます。

最近では、日本からの観光客が多いことから、ショッピング街では店員に日本語で声をかけられることもあります。

旅の資金を抑えたいならベトナムがおすすめ

「ベトナム」の画像検索結果

治安がよく、雑貨屋やスパがたくさんあるのがベトナムの特徴。

女性ひとりで行っても安全だと評判です。

ベトナムは物価が安く、料理も美味しいので、旅費を抑えつつ充実した旅を過ごせられるのが魅力です。

最近では、ベトナムはひとり旅スポットとしてますます人気が高くなってきていますので、選択肢として視野に入れてもいいでしょう。

 

関連記事>>>ベトナム旅行予定の方必見!おすすめスポット5選をご紹介。

ベトナムの言語事情

ベトナムでの共通語はベトナム語です。

残念ながら、街中ではほとんど英語が通じないことが多いです。

ただ、観光客向けのホテルやレストランでは英語が話せるスタッフが多いので、有名な観光地に行く面では言語の面で困ることは少ないでしょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

日頃の生活に行き詰まってしまったときこそ思い切って一人旅にいくのがおすすめです。

自分のそれまでの悩みをちっぽけと感じたり、常に自分と向き合う時間を過ごすことを通して新たな自分を見つけられるにちがいありません。

ひとり旅は初めの頃はハードルが高いと感じるかもしれませんが、いざ行ってみるとその魅力を大いに実感できるでしょう。

充実した旅を過ごして帰国したころにはきっと大きく成長した自分を発見できるはずです。

そんな自分を発見するために、ぜひひとり旅にチャレンジしてみましょう。

みなさんが素敵な旅の時間を過ごせますように。

タイトルとURLをコピーしました